トリバゴ下甑島情報

トリバゴ下甑島について│トリバゴで下甑島を検索!

トリバゴ下甑島についての情報をお届けします。
鹿児島県の下甑島はどういう島?どこにあるの?を紹介します。


このページはトリバゴで検索してホテルが見つかる下甑島についてのネット、雑誌、ブログなど様々な媒体から情報を収集して役立つ情報を掲載しています。


下甑島(しもこしきじま)は、鹿児島県薩摩川内市に属する島で上甑島、中甑島と並んでいる島で3つの島で一番大きい面積の島で、鹿児島県の薩摩から近い離島となります。




人口は、下甑島2,321人上甑島2,174人中甑島224人[2018年現在]です。
薩摩からは、串木野港、川内港から高速船またはフェリーで行くことが出来ます。


薩摩のいちき串木野市の西方約40kmの位置にあります。
観光では、長目の浜や鹿島断崖、ナポレオン岩など景勝地があり、上甑島と中甑島は、甑大明神橋と鹿の子大橋で繋がっています。


詳しくは、下記記事に紹介します。
下甑島の観光スポット、ほかの情報もみカンタンに紹介して行きます。

下甑島のインフォメーション『下甑島の甑ミュージアムとは?』



下甑島の甑ミュージアムについて

このコーナーには、下甑島の甑ミュージアムについて当サイトが情報収集したものを、コンテンツとして掲載していきます。

下甑島の甑ミュージアムについて詳しい情報をお求めの方は、このページから、詳しく確認いただけます。


下甑島では、姫浦層群(ひめのうらそうぐん)から肉食の恐竜の歯、助骨の一部が発見されました。


また、8,000年前の地層から採取された歯根の一部が草食恐竜(角竜類恐竜)の仲間であるケラトプス類(角竜のなかで角が顕著)と認定されたのは国内でも初めてです。


更にアジアでも貴重な発見とされています。
因みに日本の恐竜の発見された種類は、①コシサウルス・カツヤマ②フクイラプトル・キタダニエンシス③フクイティタン・ニッポネンシス④フクイサウルス・テトリエンシス⑤タンバティタニス・アミキティアエ⑥アルバロフォサウルス・ヤマグチオルム(2015年現在)などが有名です。


日本では地震が多い国なので恐竜の化石は見つからないと言われていましたが、近年では、たくさんの恐竜の化石が発見されています。


今から約6,600万年前の白亜紀末に巨大隕石の衝突で絶滅したと言われています。
恐竜が出現したと言われる時代は今から約2憶5000万年前の中生代の三畳紀に出現しました。
なので、かなりの長い間、恐竜は生息していました。


甑ミュージアムでは、恐竜の標本、各種化石が展示しています。
甑ミュージアムは、長浜港から車で約30分のところにありますので、 下甑島へ旅行へ行ったら、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

トリバゴ下甑島│下甑島の観光スポット・・・

トリバゴ下甑島について

下甑島の観光スポットとしては、前の平展望所(ナポレオン岩)、鹿島断崖展望台、鳥の巣山展望所、釣掛埼灯台、瀬尾観音三滝、などがあります。


ナポレオン岩は、甑島のたくさんある奇岩の代表で、ナポレオンの横顔に似ていることからその名がつけられました。標高122mの無人島です。


釣掛埼灯台は、甑島の最南端に位置する灯台で、近海の中でも歴史ある大型灯台です。
瀬尾観音三滝は、瀬尾川上流にある美しい滝で、約55mの高さから3段階で落ちてきます。


夜萩円山公園は、日本地質百選に選ばれた公園の高台から約150m以上もあるページ岩と言われる断崖の地層を見ることができます。

交通アクセスは、東京から鹿児島中央まで新幹線で約6時間20分、鹿児島中央から川内港まで1時間40分で、川内港から長浜港まで高速船で約2時間30分でフェリーで約4時間から5時間で到着です。


宿泊には、トリバゴで下甑島を検索してホテルを予約して下さい。

トリバゴであなたの楽しい旅にして下さいね。^^

このページ『トリバゴ下甑島』ではサイトに訪問された方への情報提供をしていきます。『ホテル、旅館もトリバゴで』のテレビCMで話題だったホテル料金比較サイトのトリバゴは、国内だけでなく海外まで、年間14億人が利用している検索サイトです。国内外の旅行で、ホテルを探すのなら、世界最大のホテル料金比較サイト「トリバゴ下甑島」でホテル検索、予約をしてみませんか?急な出張や突然決まった旅行などもトリバゴで検索すれば、あなたの希望に合った下甑島のホテルがきっとみつかります。たくさんのホテル予約サイトを比較できるので、お得な宿泊先を予約可能です。またトリバゴの無料のスマホアプリを利用すれば、更に便利にホテルを検索・予約ができます。世界最大級のホテル比較サイトトリバゴをぜひご活用下さい。