格安で海外旅行に行く6つの方法とは?の情報

格安で海外旅行に行く方法(円高がお得!)

たくさんの方が、容易に海外旅行に出かけられるようになってきた今日この頃ですが、これというのはひとえに、ドルが安くなったというのが最も大きな要因でしょう。


そこから思うに、海外旅行に出掛けるのは、いくらかでも円高の時を狙うとお得に旅行に行くことができるという訳です。


ここでひとつ、簡単な例をあげてみましょう。


1ドルが100円の時に、10万円をドルに両替すれば、1000ドル手に入ります。


実際のところは、両替には手数料が必要ですので、ちょうど1000ドルにはならないのですが、わかり易いようにそう仮定しておきます。


それが、1ドル80円の円高ドル安になったと致しましょう。


10万円をドルに両替すると、1250ドル手に入れられます。


1ドルが100円であった時に比べると、250ドルも多く手に入れられるのです。


10万円でこのような差は、驚くべきものですよね。


基本的には、いきなり20円も下がったり、上がったりすることはそうそうありませんし、旅行を延期しても、あなたの望むとおりに円高になるとは限りませんので、どこかの時点で妥協しなければいけませんが、円安よりは円高であるほどお安く海外旅行に行けるという事を意識しておけばいいのです。


1ドルではたった数円の差だったとしても、海外旅行で使用する金額で考えれば大きいですよね。


また、国内旅行と同様に、日本発着の便は、国内の長期休暇に従って価格が跳ね上がりますからご注意ください。


たとえ円高の時期であっても、お正月やお盆休み、ゴールデンウィークのような大型連休は回避した方が良いでしょう。


仕事の関係もあってそう簡単にはそこしか休みが取れないのであれば仕方がありませんが、そうじゃなければなるべく避ける方が望ましいと思います。

◇◇目次◇◇
記事トップ
東南アジアはコスパに良い?
格安航空券で価格が半額に
安全性が一番
航空券とホテルだけのツアーが良い?
オススメはマイレージ会員

※この項目に沿って格安の海外旅行についての内容を説明します。

格安で海外旅行に行く方法(東南アジアはコスパに良い?)

並はずれのお手頃価格で海外旅行に行くことができる方法があります。


しかしながら、このやり方では、行けるエリアが決まっています。


そうです、それは… 日本よりずっとずっと物価が安い国へ旅行に行くのです。


ずっと物価が安価だと言いましても、中南米やアフリカの場合ですと、航空運賃がとても高額ですので、トータルの予算で考えると、いまいちお得感はないといえます。


やはり、我が国から、うれしいくらい安い価格で行くことが出来るのは東南アジアとオセアニアの一部でになります。


ここ数年、観光客が急増した韓国なんかはその良い例と言えますね。


航空運賃含めても、国内旅行に比べ、リーズナブルに行くことができる外国ということで、人気は今でも続いています。


数十年前と比較すれば、韓国も経済発展を遂げ、物価は上がり気味ではありますが、未だにいろんな面で日本よりも安価なので、滞在費もお安くあがります。


また、韓国よりはフライト時間が少しかかってしまいますが、東南アジア全域は、いずれの国も日本より物価が安いです。


香港やシンガポールなどの一部地域では、土地が狭いこともあって、土地代、家代などはかなり高額になりますが、旅行客に関連がある部分の物価は、日本には及びません。


もちろん、おおかたの国の首都には、各国でトップレベルの一流ホテルなどがありますので、こういったホテルの宿泊代金は例外ということになりますが…。


お手頃価格で宿泊ができるホテルも結構ありますし、現地での交通費や食費はものすごく低価格です。


東南アジアに行ってみたい国が全然ないのであれば、無理にはおすすめしませんが、赤道付近の温暖な国などは、荷物が少なくていいので快適で、ビーチもきれいで、マリンスポーツなんかも楽しむことができると思います。

格安で海外旅行に行く方法(格安航空券で価格が半額に)

この航空券を利用して、個人旅行で海外に行くと、かなりお安く旅行ができるのです。


もともと外国に行くための航空券の正規運賃がいくらくらいなのか、ご存知ですか。


じつは、ビックリするぐらい高い金額なのです。


では、その一例を挙あげてみましょう。


皆さんもご存じのアメリカ、ニューヨーク。


現在、成田空港からニューヨークまでの格安航空券は、往復でも5?6万円程度です。


これは、国内線の正規運賃と比較しても安価ですから、驚きですよね。


ニューヨークまで、このような料金で行けてしまうんですよ。


でも、実際には、これとは別に燃油サーチャージなどもかかりますが、これは航空券以上にかかることはありません。


正規運賃は、だいたい20万円くらいです。


格安航空券というのは、本当に驚きの割引率だと思いませんか。


もちろん、正規運賃でチケットを購入した方には、急な予約変更など色々な特典があるわけですが、それにしてもこの差は大きいですよね。


アジアなどの近隣諸国では、距離が短い分、ここまでの差はないですが、それでも正規運賃で10万円から20万円は軽くします。


格安航空券は、安価な海外旅行に適しているということになります。


そして、同じ格安航空券でも、扱う旅行会社によって価格は異なっていますので、各社を比べて決めるといいでしょう。

格安で海外旅行に行く方法(安全性が一番)

海外旅行もやっぱり国内旅行と同様、できるだけ安い金額に行こうということであれば、予算を抑えるのは移動手段の代金とホテル代が最も大きいと言えます。


とりわけ海外旅行では、安価に旅行がしたいと言いながらも、ホテルのグレードを落としたくないという方もたくさんいます。


若い女性の方々は、割とゴージャスなホテルがお好みのようですが、どこかで折りあいをつけなくては安値にはなりません。 海外旅行で滞在するホテルは、だいたい、星の数でグレードが定められています。


原則として、五つ星が最高級レベルのホテルで、客室からサービスに至るまでパーフェクトなホテルだと言えます。


エステやプール、ブティックなんかも併設されており、レストランも一流の店舗が入っています。


せっかくの海外旅行だからこそ、こういったホテルに宿泊したいというお気持ちも分かりますが、確実にリーズナブルには宿泊することができないのです。


安全性が確保された快適なホテルであれば、二つ星や三つ星ぐらいでも十分ではないかと思います。


そこまでのゴージャス感は感じられなくても、それに見合った設備は満たしていますし、掃除も徹底されていて衛生面でももちろん問題ありません。


それでもまだ、ゴージャスなホテルを諦めきれないのであれば、スケジュールを一日だけ豪華なホテルにするとというのはいかがでしょう。


安い値段であってもも、その中で贅沢に過ごすことができる一日もあれば、間違いなく大満足の海外旅行となると思います。


その他の方法としては、個人的に予約すれば、旅行会社のツアーに高価なホテルがセットされていても、以外と安い金額に抑えられることもできます。


スケジュールや観光したいエリアがあえば、そういうツアーで行くというのもおすすめです。

格安で海外旅行に行く方法(航空券とホテルだけのツアーが良い?)

個人では海外旅行したことがないというかたは、ぜひとも一度やってみて頂きたいと思いますが、言葉の問題などもあって、いまひとつふんぎりがつかないことがほとんどだと思います。


このようなかたは、やはりツアーを利用するしかありません。


でも、大丈夫です。


海外ツアーだって、安価に行くことができるものがございます。


ツアーというのは大きく分け、3種類あります。


まずは、何の不安も心配も無用なのが、添乗員さん付きで、めんどうなことは全部やってもらえる至れり尽くせりツアーです。


もう二つ目は、常時、添乗員さんは付かず、海外までの行き帰りは個人で行い、現地に日本語が話せる係員がいてくれて、いろいろとお世話してくれるというツアーです。


そして三つ目が、ほぼ個人旅行に近い、航空券とホテルのみがセットされたツアーです。


この三つのツアーは、上から順に安くなっています。


全日程に添乗員さんが付き、お世話してもらうツアーは、率直に言ってだいたいが割高になっています。


行き先によって、ごくまれにお安いツアーもありますから、常々チェックは必要になりますが、一般的に、高価だと考えていた方がいいでしょう。


ですので、これ以外の2タイプのツアーから選択するのが賢明かと思います。


もちろん、できるだけ安価ということなら、航空券とホテルだけのツアーに限ります。


初めは不安もあると思いますが、ガイドブックや地図と格闘しながら、街歩きしてみるのも、思いのほか楽しいものですよ。


もしも、フリータイムがありすぎて、どう過ごしていいかわからないのでしたら、いくつかオプションを頼んでおくこともできますよ。


そうすると当前ですが、それだけ多くコストもかかりますが、せっかくの海外旅行ですので、おもしろそうなオプショナルツアーがありましたら、参加してみるのも悪くありません。

格安で海外旅行に行く方法(オススメはマイレージ会員)

みなさんご存じのことと思いますが、飛行機のマイレージ会員に登録することで、飛行距離に応じて『マイル』を貰うことができます。


ご存じない方は、マイルはポイントのようなものだとと思って下さい。


飛行機に乗れば乗るほど、長距離を飛べば飛ぶほど、多くのマイルを貰うことができて、これがある程度、貯まりますと、貯まった分に応じて、無料で飛行機に乗ることができるのです。


つまり、往復の乗り物代がかからないという驚愕の安価で、国内でも海外でも行けるのです。


例えば、日本からニューヨークぐらいまで、一回往復してもらえるマイルで、韓国くらいの距離であれば、無料でいけるということです。


これは、かなりお得なシステムですよね。


旅行代金のなかで、大きな割合を占める航空運賃が、無料になるのですから、格安旅行も可能ですし、そのぶん、ホテルをグレードアップさせることもできます。


ぜひとも、マイレージ会員になっておいたほうが良いですよね。


そして、マイレージ会員になったら、長い距離のフライトをするほどマイルがたまりますので、お金はかけられないけれど、時間はいっぱいあるというかたは、あえて遠回りの空路を飛んで、マイルを稼ぐという方法もあります。


あちこち立ち寄って、目的地に到着する便や、本来は西回りで飛んだ方が近いのに、わざと東回りで飛ぶといった方法もあります。


ただ、長時間すわりっぱなしですので、決して楽ではありませんから、あなたの体力と相談してから決めて下さい。


マイレージ会員の登録は、よく利用している航空会社にした方が良いでしょう。


ちなみに、マイルは日常生活でもためることができますので、あまり飛行機に乗らないという方でもためることは可能です。

このページでは『格安で海外旅行に行く6つの方法とは?』について、掲載しています。海外旅行に行くのが初めての方は何かと不安かとおもいます。またしばらく海外に行っていないと結構、色々なことが変わっていますので、このページに書かれている内容を参考に海外旅行への準備をしていただければと思います。