2019年のゴールデンウィークの情報

2019年のゴールデンウィークについて①

2019年のゴールデンウィークが近くなって来ましたが、何処へ行くかもうお決まりでしょうか?


海外でも、国内旅行であっても、旅行に行くのでしたらできるだけ早く申し込んでおかなければ希望する場所に行けないなんてことだってありますので、予約するなどの準備は早目が良いでしょう。


レジャーの人気スポットともなると、2019年が明けたときから、もうすでに春休みの予約を受け付けているところもありますので、5月の連休も早め早めにしていないと出遅れてしまうことになります。


とくに、人気のテーマパークの中にあるホテルなどは、春休みや連休などは、国内旅行を満喫する人たちで、たいへん混みあう時期です。


ゴールデンウィークの行きたい場所が決まっているというかたは、その施設の予約がスタートしたらすぐにおさえておくべきでしょうね。


ゴールデンウィークといいますと、4月からの新たな生活が始まったばかりのかたにとりましては、仕事や学校に少しずつ慣れてきたぐらいですから、4月から気を張り続けていた自分自身にささやかなご褒美をあげても良いころだと思います。


知り合いになった新しいお友だちや仲間たちと国内旅行に行ってもいいでしょうし、近況を報告しつつ、久々に地元のお友だちと出かけるなんていうことも楽しいに違いありません。


普通の会社勤務のかたは、サービス業のかたとは違い、カレンダー通りにしか休めませんので、ゴールデンウィークなどの連休はたいへん貴重なお休みです。


サラリーマンは、平日にそんなに連続の休日をとることは難しいですから、国内や海外へゆっくり旅行に出かけたいと思ったら、お盆休みや5月の連休を使うしかないですよね。

■目次
1. 2019年のゴールデンウィークについて①
2. 2019年のゴールデンウィークについて②
3. 2019年のゴールデンウィークについて③

2019年のゴールデンウィークについて②

結婚しているかたにとっては、ゴールデンウィークいうものは、家族と過ごすことができる大事な時間にもなるのです。


日々、お仕事が忙しく、週末ともなると疲れ切っておうちでゴロゴロしているお父さんたちも多いのではないでしょうか。


ただ、ゴールデンウィークなどのように、それなりのまとまった休暇があれば、国内旅行に行ってきたとしても、まだまだ、ゴロゴロすることができるお休みが残っているからありがたいですよね。


また、学生さんたちにとっては、夏休みのように1ヵ月の長期休暇とはいかないにしても、国内旅行をするには十分な日数だろうと思います。


大学生ともなると、連休を活用することでサークルのメンバーたちと合宿をすることだってありますので、今年、大学生になりたてのかたはとても楽しみですよね。


ゴールデンウィークといってもその年によって何連休になるのかはもちろん違ってきます。


祝日と土日が上手く組み合わされた年になると、長い連休となります。


そうでないと、せっかくの連休も飛び石になってしまい、お休みのあいまに、学校や会社へ行くなど、「せっかくのゴールデンウィークなのに…」と、心なしかテンションが下がる年もありますよね。


国内旅行なら飛び石連休でも大丈夫かもしれませんが、海外旅行ですと、飛び石連休ではなかなか難しくなりますね。


今年は、天皇陛下の退位ならびに皇太子さまの即位・改元に伴い、5月から年号も昭和から『令和』と改められ、2019年のゴールデンウィークは、祝日や土日などもあり、最大10日の大型連休となります。


この機会にお休みがたくさんとれるというかたは、海外旅行に行ってみるチャンスなのかもしれません。


普段、あまり旅行に行かない方も、思いきって、国内旅行にでも行ってみてはいかがでしょうか?

2019年のゴールデンウィークについて③

3日は憲法記念日、4日はみどりの日、5日がこどもの日で、2019年は6日が振替休日となっています。


そして、4月29日も昭和の日で、30日は退位の日で国民の休日なので、祝日です。


この間と前後に土日や有休などを組み合わせれば、超大型連休となり、2019年は、10連休というまとまったお休みがとれる年になります。


ということで、今年は、ゴールデンウィークの連休がとれやすそうなので、いつもは無理というかたでも、国内旅行あたりでしたら行くことができるかもしれないですね。


そして、平日に有給や代休などを入れられるなら、2019年は最大限のお休みが取れるかたもいるかと思います。


まとまったお休みがあるようなら、2019年は、海外のビーチでリフレッシュするなど癒し旅行もできそうですね。


しかし、国内旅行や海外旅行するお金が無いというかたは、しばらくの間、里帰りして実家でのんびりすることもできるのではないでしょうか。


とくになんにもせず、ず?っとおうちでゆっくりしたいなんていうかたもいると思われますが、ご家族がいるとそういうわけにもいきませんよね。


「パパ、せっかくのゴールデンウィークなんだから、どこかに連れて行ってよ!」とお子さんたちにせがまれることもあるでしょう。


また、「いつも、うちにいないんだから家族サービスしてよ!」と遠くのアウトレットなどに運転手という形でつき合わされることもあるのではないかと思います。


ご家族と過ごすことも、ゴールデンウィークならではだと思いますし、2019年の連休が、もしたくさん取れるのであれば、半分程度は家族のために使ってもいいのではないでしょうか。


もし、連休があまりないのでしたら、家でゆっくりし日々の疲労をとりたいところでしょうが、気晴らしするためにも1泊2日くらいの温泉など、近場の国内旅行なんかも案外いいものですよ。

このページでは『2019年のゴールデンウィーク│平成から令和となるGWの日程は?』について、掲載しています。今年のGWは平成の退位、令和の即位が挟んだ稀にない年となります。大型連休となる2019年のGWの過ごし方について掲載していますので、ご覧ください。